仏教

1.臨終(りんじゅう)

白雲社へ連絡◆病院では医師より死亡の告知後、ご遺体の処置、清拭(エンゼルケア)が行われます。時間は約30分~60分です。
◆その間に、まずお知らせしなければならない身近なご親族へ連絡をしてください。
◆その次に、私ども『白雲社』へご連絡ください。
◆お迎えにあがる場所は、霊安室(病院によっては病室)ですので、到着までしばらくお待ち下さい。
◆その後、ご自宅もしくはご希望の白雲社ホールへお送りします。

2.枕飾り(まくらかざり)

枕飾り◆故人をご安置します。
◆ご自宅へご安置する場合は「敷ふとん」のみご用意ください。掛ふとんは必要ありません。
◆故人の枕元に白木の経机を置き、お荘厳(お飾り)をします。一般的には「三具足(みつぐそく)」をお供えします。向かって左側に花立て(一本菊もしくは一本しきみ)。中央に線香炉。右側に燭台(白の一本ローソク)。
◆一般的には選考を一本立ててお参りしますが、真宗系ではお参りのとき線香は立てずに折って寝かせます。
◆宗派によっては浄水(水)や枕飯(一膳飯)などお供えする場合もあります。
※お供えは、地域や土地の風習、宗派などにより異なりますので詳しくは弊社スタッフへお尋ねください。


3.枕経(まくらぎょう)

枕経◆お寺様に死亡の連絡をして「枕経」の依頼をします。※「枕経(臨終勤行、臨終行儀)」とは、ご臨終の後お寺様に最初にあげていただくお経のことです。
◆読経中はご家族はなるべく同席してください。服装は平服でも構いません。お数珠がある場合は手に持ってください。
◆枕経が終わったら、お寺様と通夜葬儀の日時の打ち合わせをします。
①ご親族の到着予定日時。
②日取りの良し悪し(友引を木にされる場合)。
③僧侶の予定。
④火葬場の予約状況(地域によって異なります)。
などを考慮して決定します。もし、寺院とのお付き合いがない場合は弊社スタッフにご相談ください。

4.喪主の決定

◆喪主は、葬儀の実質的、名目的な責任者です。故人の指名がない場合、基本的には家族で話し合って決定します。
◆決定したら、通夜葬儀の「日時」および「施行場所」なども含めてお寺様に連絡をします。


5.打ち合わせ~お見積り

打ち合わせ◆白雲社の担当スタッフと葬儀内容や費用について打ち合わせを行います。
どのような葬儀をしたいのか?故人の遺言などはないか?会葬者がどれくらいみえそうなのか?故人の遺言や家族の思いを形にするために、十分な打ち合わせ時間が必要になります。
<打ち合わせ内容>祭壇・お棺・お骨壷・霊柩車・礼品礼状・喪服のレンタルや着付けの有無など。

◆遺影用の写真を準備します。もちろんできるだけお顔が大きくはっきり写っているものが良いです。故人らしい表情のもの、故人がお気に入りだった写真などをお選びください。
お預かりできるお写真は、プリントされたもの、CDやSDカードに保存されたデータなどです。(※デジタルカメラ本体、携帯電話・スマートフォン本体はお預かりすることができません)

遺影写真◆お料理を決めます。
・お通夜のお食事(通夜ぶるまい)→ご葬儀の前のお食事(おとき)→火葬終了後(精進上げ)と準備をします。人数の読みにくいお通夜のお料理は「精進鉢盛」と「精進寿司盛り」をおおよその人数に合わせて準備されると良いでしょう。
・おとき(お斎)は、ご葬儀の前に故人をかこみ最後の食事を共にします。一般的には朝昼兼用です。席に着かれる人数分の「精進弁当」を用意します。
・火葬後に「精進上げ(精進落し)」の席を設ける場合には、出席される方の人数分の料理を用意します。

◆通夜・葬儀の際の受付の方を決め依頼します。
・受付に立って御香典を預かったり、お参りのお客様に会葬礼品を手渡していただく方です。現金を預かっていただきますので、数名お願いされると良いでしょう。


6.納棺(のうかん)

納棺◆納棺師により、湯灌(ゆかん)やメイクなどの処置をすませ、故人を納棺します。
◆故人愛用の服や「経帷子(西方浄土に旅立つ装束)」をお着せします。
◆一緒に棺に納めたいものを準備します。※ただし火葬できないもの(貴金属・ガラス製品・メガネなど)や起爆性のあるものはお納めいただけません。
◆納棺の際は、指輪や装身具の紛失などの問題が生じないよう、遺族立ち会いのもとで行います。

7.役所での手続き~「死亡届」「死体火葬・埋葬許可証」

◆死亡の届け出は死亡の事実を知ってから国内では7日以内に行わなければなりません。
届け出は、死亡者の本籍地および、届出人の居住地、または死亡した土地の市区町村で行なうことができます。最近は埋葬(土葬)がほとんど行われないため、死亡届を受理した市区町村が火葬許可証を発行します。
◆「火・埋葬許可証」があればどこの地でも火葬できますが、市区町村により願書や別途火葬料が必要な場合があります。
◆手続きに必要なものは、「認印」と「火葬料金」です。弊社でも代行手続きを行っておりますのでご相談ください。


8.お通夜

お通夜◆本来お通夜は、故人と親しかった人々が故人との別れを惜しみ、線香やろうそくの明かりを絶やさず、一晩中故人に付き添うというものです。
◆しかし最近では、仕事の都合などでご葬儀に出席できない方たちの最後のお別れの場として、「通夜式」として告別式並みに営まれることが多くなってきました。
◆一般的な流れは、「僧侶による読経」~「法話」~「弔問客のお参り(焼香)」~「遺族より弔問御礼の挨拶」です。

9.通夜振る舞い(つやぶるまい)

通夜ぶるまい◆地域の習わしによって随分違いがありますが、一般的には「通夜式」のあと、親族の方、ご近所の方や知人友人など、縁のあった方々を別室にご案内して食事やお酒をふるまいます。

10.お斎(おとき)~葬儀前の最終確認

◆葬儀が始まる前に親しい方々と「お斎(おとき)」をいただきます。故人と共にする最後の食事です。
◆葬儀前に最終確認をします。主な項目は、
・精進上げの料理の数
・弔事披露者
・焼香順位
・弔電披露
・火葬場同行者
・マイクロバス
・タクシー
・香典関係
・貴重品係
などです。担当スタッフと十分な打ち合わせをします。


11.葬儀・告別式

ご葬儀◆「葬儀」と「告別式」の違いは、葬儀が故人をこの世からあの世へお送りする<宗教儀礼>であるのに対し、告別式は、会葬者が遺族に慰めの言葉をかけ、故人にお別れを告げる<社会的儀礼>であると言えるでしょう。(※死後の考え方は宗教によって異なります)ただ、現代では会葬者や火葬場の時間的制約などもあり、葬儀と告別式が一体になり同時進行されるようになりました。
◆ご葬儀の一般的な流れは、「 ・参列者着席→開式の辞→導師入場→読経→導師焼香→弔辞奉読→遺族焼香→一般焼香→導師退場→弔電奉読→遺族挨拶→閉式の辞」です。

12.出棺

出棺◆葬儀が終わったらご親族、参列者のみなさまの手で故人を花で飾り、お別れをしていただいた後お棺の蓋をしめます。
◆近親者(主に男性)のみなさまにより式場より霊柩車へお棺を運びます。
◆一般的に喪主が「位牌」を持ち、その他の遺族が「遺影」と「遺骨」を持って続きます。
◆ご出棺に際し、遺族代表のあいさつがあります。
※出棺に関しては、各地で様々な風習や言い伝えがありますが(茶碗を割る・子供をなくした親は火葬場に行かないなど)大切なのは、故人とご遺族の思いを大切にすることだと思います。

13.火葬~拾骨(しゅうこつ)

火葬・拾骨◆火葬場へ到着し火葬許可証を提出したら、炉前あるいは告別室に案内されます。※そのまま火葬に入る場合や、焼香をする場合や場所によって様々です。
◆その後点火を済ませ、控室へ案内されます。火葬に要する時間は1時間30分~2時間程度です。待ち時間に食事を供するところもありまが、現代では火葬場のシステムの都合もありお茶屋お菓子で軽く済まされることが主流になっています。
◆火葬終了後「拾骨」をします。これは日本独特の儀礼ですが、二人一組になって拾う方法や、遺骨を次の人に順に渡して納めていくなど地方によってもいろいろあるようです。
◆使用するはしは、組み合わせの違う「竹と木」を一組とし拾骨します。これは「箸渡し」といって、この世とあの世の「橋渡し」と音が一緒なのでそう言われているようです。
◆お骨壷の大きさなども各種あります。一般的に納骨堂に追わめる場合は4寸もしくは5寸。お墓に納める場合は6寸です。※不明な場合は事前に納骨堂、墓地管理者にお尋ねください。

14.還骨法要(かんこつほうよう)~精進上げ

◆仏教では拾骨後自宅に戻り、中陰壇(ちゅういんだん)に遺骨を安置し法要を営みます。これを還骨勤行、還骨回向、安位諷経(あんいふぎん)、安骨諷経(あんこつふぎん)などと呼びます。
◆近年ではこれに合わせ、初七日の法要を繰り上げておこなことが多くなったようです。
◆また読経後に「精進上げ(精進落し)」の席を設け、精進料理から通常の食事に戻します。
◆最近では自宅y李も、法事会館やお寺などで法要や会食を行なうことが多くなってきています。
※初七日の繰り上げ法要については、寺院とよくご相談ください。

15.お礼参り

お礼参り◆地域によって異なりますが、葬儀の翌日に寺院へ「御布施」を持参します。寺院の都合などもありますので、事前に日時を聞いて行きます。