神道

臨終1.臨終(りんじゅう)

臨終◆病院では医師より死亡の告知後、ご遺体の処置、清拭(エンゼルケア)が行われます。時間は約30分~60分です。
◆その間に、まずお知らせしなければならない身近なご親族へ連絡をしてください。
◆その次に、私ども『白雲社』へご連絡ください。
◆お迎えにあがる場所は、霊安室(病院によっては病室)ですので、到着までしばらくお待ち下さい。
◆その後、ご自宅もしくはご希望の白雲社ホールへお送りします。

帰幽奉告2.帰幽奉告(きゆうほうこく)

帰幽奉告◆家族が亡くなったことを氏神様、神棚、御霊舎に報告します。
◆その後、神棚を閉じて白紙を貼ります。亡くなられたために喪に服すという意味があります。

3.枕飾り・枕直しの儀

枕飾り◆故人を殯室(ひんしつ=故人を安置する部屋)に移します。 このとき、頭は北もしくは部屋の上位(向かって右側(にします。
◆白木の案(小机)を枕元に置き、案の家には灯明、生前好んだ常饌(じょうせん=日常食べていた食物)、生饌(せいせん=洗米、塩、水)を供えます。
◆また、屏風を立てたり、守り刀を置いたりする場合もあります。(※詳しくは神職にお尋ねください)

4.神社への依頼

神社への依頼◆臨終を迎え準備が整い次第早急に神社へ連絡をします。
◆そして、通夜祭・葬場祭(神葬祭)の日時を決めます。
※地域によっては火葬の予約が必要な場合がありますので、白雲社スタッフへお尋ねください。
※神社とのお付き合いがない場合はご相談ください。

5.喪主の決定

◆葬儀の実質駅、名目的な責任者です。故人の指名がなければ基本的には家族で話し合って決定します。

6.打ち合わせ~お見積り

◆白雲社の担当スタッフと葬儀内容や費用について打ち合わせを行います。
◆どのような葬儀にしたいのか?故人の遺言などがないか?会葬者はどれくらいなのか?など、故人の遺言や遺族の思いを形にできるよう十分な打ち合わせ時間が必要です。
◆打ち合わせの主な内容は、祭壇、御棺、御骨壷、霊柩車、礼品礼状、喪服レンタルや着付けの有無など。
◆お供物(塩・米・酒・鯛)などについては神職に指示を仰ぎます。
遺影写真◆遺影用の写真を準備します。もちろんできるだけお顔が大きくはっきり写っているものが良いです。故人らしい表情のもの、故人がお気に入りだった写真などをお選びください。
お預かりできるお写真は、プリントされたもの、CDやSDカードに保存されたデータなどです。(※デジタルカメラ本体、携帯電話・スマートフォン本体はお預かりすることができません。◆通夜・葬儀◆通夜祭(遷霊際)・葬場祭(神葬祭)の際の受付の方を決め依頼します。
・受付に立って御香典を預かったり、お参りのお客様に会葬礼品を手渡していただく方です。現金を預かっていただきますので、数名お願いされると良いでしょう。

7.納棺

納棺◆納棺師により、湯灌(ゆかん)やメイクなどの処置をすませ、故人を納棺します。
◆故人愛用の服や小袖の死装束(神衣)をお着せします。
◆一緒に棺に納めたいものを準備します。※ただし火葬できないもの(貴金属・ガラス製品・メガネなど)や起爆性のあるものはお納めいただけません。
◆納棺の際は、指輪や装身具の紛失などの問題が生じないよう、遺族立ち会いのもとで行います。


8.役所での手続き~「死亡届」「死体火葬・埋葬許可証」

お通夜◆死亡の届け出は死亡の事実を知ってから国内では7日以内に行わなければなりません。
届け出は、死亡者の本籍地および、届出人の居住地、または死亡した土地の市区町村で行なうことができます。最近は埋葬(土葬)がほとんど行われないため、死亡届を受理した市区町村が火葬許可証を発行します。
◆「火・埋葬許可証」があればどこの地でも火葬できますが、市区町村により願書や別途火葬料が必要な場合があります。
◆手続きに必要なものは、「認印」と「火葬料金」です。弊社でも代行手続きを行っておりますのでご相談ください。

9.料理(振る舞い)

料理◆通夜祭・神葬祭ともに普通料理をふるまいます。
本来は故人の蘇りを祈り、生前故人の好物だったものなどを準備して食事を取ることによって、故人の霊をその亡骸に引き戻そうをしたと言われています。

10.通夜祭(遷霊祭)

通夜祭(遷霊祭)◆通夜は夜通しおこないますが、18時~19時に「通夜祭」「遷霊祭(御霊移し)」を行います。
◆斎主による祭詞が奏上され故人の霊璽(仏式の位牌にあたる)に遷しとめます。(※この儀式は葬場祭・神葬祭で行なうこともあります)。その後遺族、親族、参列者の玉串奉奠があり、遺族側より御礼の挨拶を述べ閉式になります。
◆祭壇には常饌(じょうせん=普段食べているもの)や生饌(せいせん=洗米、塩、米)を供えます。7種類もしくは9種類が一般的です。並べ方や種類など神社によって異なりますので、必ず神職にご相談ください。

11.別れの膳~葬場祭(神葬祭)前の最終確認

◆葬場祭(神葬祭)前の午前中に親しい方々と別れの膳をいただきます。
◆事前の重要な確認事項は、料理の数・弔辞披露者・弔電披露・玉串奉奠・火葬場同行者・マクロバス・玉串料関係・貴重品係等などです。担当スタッフと十分な打ち合わせをします。

12.葬場祭(神葬祭)

葬場祭(神葬祭)◆葬場祭とは、故人と最後のお別れをするおまつりです。神道では人の死を「穢れ(けがれ)」とととらえますので、神社では行われません。
◆葬場祭では斎主による祭詞の奏上や誄司(誄歌)が捧げられます。また弔辞の奉呈や弔電を披露し、最後に玉串奉奠を行い、故人に別れを告げます。

13.出棺

出棺◆葬場祭(神葬祭)が終わったら、ご親族、参列者のみなさまの手で故人を花で飾り、お別れをしていただいた後お棺の蓋を占めます。
◆近親者(主に男性)のみなさまにより式場より霊柩車へお棺を運びます。
◆一般的に喪主が霊璽(位牌)を持ち、親族が遺影と遺骨を持って続きます。
◆出棺に際し、遺族代表のあいさつがあります。
※出棺に関しては各地で様々な風習や言い伝えがあります(茶碗を割る・子供をなくした親は火葬場に行かないなど)が、大切なのは故人とご遺族の思いを大切にすることだと思います。

14.火葬・拾骨

◆火葬場へ到着し火葬許可証を提出したら、炉前あるいは告別室に案内されます。※そのまま火葬に入る場合や、焼香をする場合や場所によって様々です。
◆その後点火を済ませ、控室へ案内されます。火葬に要する時間は1時間30分~2時間程度です。待ち時間に食事を供するところもありまが、現代では火葬場のシステムの都合もありお茶屋お菓子で軽く済まされることが主流になっています。
◆火葬終了後「拾骨」をします。これは日本独特の儀礼ですが、二人一組になって拾う方法や、遺骨を次の人に順に渡して納めていくなど地方によってもいろいろあるようです。
◆使用するはしは、組み合わせの違う「竹と木」を一組とし拾骨します。これは「箸渡し」といって、この世とあの世の「橋渡し」と音が一緒なのでそう言われているようです。
◆お骨壷の大きさなども各種あります。一般的に納骨堂に追わめる場合は4寸もしくは5寸。お墓に納める場合は6寸です。※不明な場合は事前に納骨堂、墓地管理者にお尋ねください。

15.帰家祭

◆神道では拾骨後自宅に帰っておまつりをします。これを帰家祭といいます。
◆自宅に入る前に手水で身を清め、塩をかけてもらいます。その後仮祭壇に霊璽、遺骨、写真などを飾ります。
◆斎主より祭詞の奏上があり、玉串の奉奠をします。
◆そのあとに宴席を設け、お酒や料理を振る舞います。最近では自宅で行なうことより法事会館などを利用する方が多いようです。

16.御礼

御礼◆地域や神社によって異なりますが、神葬祭翌日神社へ「御祭祀料」を持参します。
◆神社(神職)の都合などもありますので、事前に確認して日程を決めておきます。